2009年12月01日

女性の抜け毛−予防



抜け毛対策

髪の成長には栄養バランスを考えて食事をとることが重要です。

髪はケラチンというタンパク質を主成分としているため、良質なタンパク質を含んだ食事を摂ることで髪に栄養が行き渡るのです。

また、ビタミンやミネラルといった成分も髪の成長には欠かせません
野菜や魚を食べることで、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンB3、
ビタミンB5、ビタミンB6などのビタミンを摂取して下さい。

食事だけではなく、サプリメントも有効な摂取手段です。

睡眠不足解消、食生活の見直し、適度な運動で、
血行を良くして髪の新陳代謝を促進して抜け毛を予防しましょう。

また、頭皮の健康を維持するために必要となります。


髪の毛は就寝中、皮膚に十分な血液が流れることにより成長します。

昼に、紫外線や、その他の有害物質によりうけた髪や皮膚のダメージは寝ている間に働く免疫細胞やホルモンによって修復されています。

この為、夜更かしをすると毛母細胞の分裂は低下し、髪の成長の妨げとなってしまいます。
睡眠不足にならないよう十分な睡眠を取るのには
こうゆう理由からなのです。


ストレスは髪の成長を妨げるだけでなく、あらゆる病気に悪影響であると言われています。

過度のストレスを受けることで自律神経やホルモンバランスを乱して血行不良を起こし、毛根に栄養分を十分運べずに抜け毛が増える原因になります。

働く女性が増えてきている昨今、仕事や人間関係で悩む人も多くなり、ストレスを感じてしまうことがあると思いますが、自分なりのストレス発散方法を見つけて抜け毛を予防しましょう。

ストレスは溜めてしまうと人体に対して悪い影響を
与えてしまうので、溜めないように工夫するとよいでしょう。

◆びまん性脱毛症


頭髪全体の髪が脱毛し、毛髪が全体的に薄くなる症状です。

これは女性の抜け毛の悩みに最も多い脱毛症の一つです。

一般的に30代以降の女性によく見られるこの脱毛症の原因は、老化、ストレス、ダイエット、間違ったヘアケアがあげられます。

男性の脱毛症と違い、前頭部の生え際が後退するのではなく、頭髪全体が均等に脱毛するので、脱毛部分の境界がはっきりしません。

最近では、20代の女性にもみられるようになってきました。


◆分娩後脱毛症

出産後抜け毛が増えて、一時的に薄毛になる症状です。

妊娠中、お腹の子供に栄養を取られ、妊娠後期にはエストロゲン(卵胞ホルモンとも呼ばれ、排卵の準備を行うホルモン)などの女性ホルモンによって成長期を維持してきた頭髪が、出産後に活動休止になってしまうためにに出産後に抜け毛が多くなっていき、薄毛なってしまいます

しかし、これは一時的なもので自然にホルモンバランスは戻って
抜け毛もなくなりますのであまり深刻に悩む必要はないでしょう。

抜け毛予防シャンプ−

薬用シャンプースカルプDの女性用で
「ヘアメディカル薬用スカルプDレディースシャンプー」
がおすすめです。
頭皮の環境を整えて、髪の生えやすい環境を作ることがまず第一であり、シャンプーの配合成分のホップエキス、イラクサエキス、
クマザサエキス、サクラ葉抽出液などが効果を発揮します。















posted by こうじ at 00:01| Comment(0) | 女性抜け毛 予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。