2010年07月25日

除毛のトラブル

除毛」とは、毛を取り除く事です。



方法は様々ですが、やり方によっては

トラブルの原因になりますので注意が必要です。



除毛、つまり毛を取り除くということは

肌に負担をかけ傷つける事と心得て下さい。



毛というものは、人間にとって必要なものだから

生えているのです。


人間や生き物にとって必要ないものは最初から

体には存在していないはずです。


ですから、それままにしておくことが

一番、自然で健康な状態といえるのです。



もちろん、脇毛などは社会的理由もあって、

伸ばしたままにはできませんから

除毛する事になりますが、肌を傷つけて

いるという認識は持つようにして下さい。




除毛の種類


「剃る」と「抜く」の2種類があります。


肌への負担が大きいのは、抜毛(抜く)ほうです。


剃るよりも、見た目にすっきりしますし、除毛の

もちもよいのですが、肌への負担は大きいです。



毛を抜くという事は、皮膚の一部を引きちぎる事に

なるからです。



毛は毛根にある毛母細胞でつくられながら

上へと伸びていきます。



つまり、毛根の部分では、毛は生きているわけです。


ですから、当然痛みもあるし、出血もするんです。


毛穴の中には菌がたくさんいますから

裂かれた部分から菌が侵入してきます。


そこから皮膚トラブルにつながっていくわけです。


除毛のトラブルを最小限におさえるための
ポイントを守りましょう。


除毛でおきる皮膚トラブル


1:毛嚢炎

毛穴が膿んで炎症を起こした状態。


2:炎症性色素沈着

毛嚢炎を起こしたとき、その痕がシミとして
残ることをいいます。


3:埋没毛

抜毛によって毛穴に傷ができ、傷が治るときに
毛穴がふさがったようになり、次に生えてきた毛が
毛穴から出られずにもぐったままになる状態です。

放置すると化膿して毛嚢炎を起こすことがあります。


4:瘢痕化

傷かつくと修復するために新しい皮膚ができてきます。
その新しい皮膚を瘢痕といいます。

瘢痕はもとの皮膚より硬くなります。

繰り返し毛を抜いていると、毎回傷がつき
段々硬くなっていきます。

その結果、皮膚がよれたり、毛穴が目立つように
なってくるんです。
posted by こうじ at 13:37| Comment(0) | 除毛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

毛穴を目立たなくするには?

毛穴の中には皮脂があります。

毛穴は皮脂を分泌するための穴ですから
皮脂が入っているのは当然なのです。

過剰に皮脂が分泌して詰まっている状態に
なっているかたもみえますが、皮脂は
汚れではありません。

その皮脂をパックなどで取り出すことはできますが、
また無限に出てきますから全く意味のないことです。

毛穴の中に絶えず皮脂があるのは、口の中に絶えず
唾液があるのと同じことなのです。

スキンケアで皮脂を減らすことはできません。

目立つ毛穴を目立たなくするには、
角質コントロ−ルがおすすめです。

ピ−リング化粧品や、酵素洗顔料を使い、角化して
厚くなった角質を落とす手入れ法です。

毛穴の出口が角質で塞がれて、詰まりやすくなっている人に
効果があります。

このお手入れを続けることで、毛穴の出口の皮膚が柔らかくなり
毛穴が目立たなくなっていきます

酵素洗顔料

通常の洗顔料は、油を分解する作用なのに対し、
酵素洗顔料は、タンパク質を分解する作用をあわせもつのが特徴です。

角質細胞はタンパク質で出来ているため、酵素洗顔料を使えば、
タンパク分解酵素で余分な角質を取り除くことができます。

酵素洗顔は、あまり肌を強くこすらないようにして下さい。
肌の弱い人は週1〜2回くらいの使用にしておきましょう。


ピ−リング

化学的にいうと、皮を剥がすということです。
つまり、皮膚の表面を少し剥がすことで、肌が美しくなる
ということです。

日本の温泉で肌がすべすべになるのも
実は、ピ−リングの一種なのです。
温泉の成分のアルカリで角質が溶けているのです。

ピ−リングは表皮のタ−ンオ−バ−を高めます。
人の皮膚は約28日周期でタ−ンオ−バ−をしており
古くなった角質を落としていきます。

つまり肌の若返りともいえます。
ピ−リングはその手助けをするようなものなのです。

余分な角質もとれるため、毛穴の詰まりも減るのです。
posted by こうじ at 04:51| 毛穴 汚れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

女性の抜け毛−予防



抜け毛対策

髪の成長には栄養バランスを考えて食事をとることが重要です。

髪はケラチンというタンパク質を主成分としているため、良質なタンパク質を含んだ食事を摂ることで髪に栄養が行き渡るのです。

また、ビタミンやミネラルといった成分も髪の成長には欠かせません
野菜や魚を食べることで、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンB3、
ビタミンB5、ビタミンB6などのビタミンを摂取して下さい。

食事だけではなく、サプリメントも有効な摂取手段です。

睡眠不足解消、食生活の見直し、適度な運動で、
血行を良くして髪の新陳代謝を促進して抜け毛を予防しましょう。

また、頭皮の健康を維持するために必要となります。


髪の毛は就寝中、皮膚に十分な血液が流れることにより成長します。

昼に、紫外線や、その他の有害物質によりうけた髪や皮膚のダメージは寝ている間に働く免疫細胞やホルモンによって修復されています。

この為、夜更かしをすると毛母細胞の分裂は低下し、髪の成長の妨げとなってしまいます。
睡眠不足にならないよう十分な睡眠を取るのには
こうゆう理由からなのです。


ストレスは髪の成長を妨げるだけでなく、あらゆる病気に悪影響であると言われています。

過度のストレスを受けることで自律神経やホルモンバランスを乱して血行不良を起こし、毛根に栄養分を十分運べずに抜け毛が増える原因になります。

働く女性が増えてきている昨今、仕事や人間関係で悩む人も多くなり、ストレスを感じてしまうことがあると思いますが、自分なりのストレス発散方法を見つけて抜け毛を予防しましょう。

ストレスは溜めてしまうと人体に対して悪い影響を
与えてしまうので、溜めないように工夫するとよいでしょう。

◆びまん性脱毛症


頭髪全体の髪が脱毛し、毛髪が全体的に薄くなる症状です。

これは女性の抜け毛の悩みに最も多い脱毛症の一つです。

一般的に30代以降の女性によく見られるこの脱毛症の原因は、老化、ストレス、ダイエット、間違ったヘアケアがあげられます。

男性の脱毛症と違い、前頭部の生え際が後退するのではなく、頭髪全体が均等に脱毛するので、脱毛部分の境界がはっきりしません。

最近では、20代の女性にもみられるようになってきました。


◆分娩後脱毛症

出産後抜け毛が増えて、一時的に薄毛になる症状です。

妊娠中、お腹の子供に栄養を取られ、妊娠後期にはエストロゲン(卵胞ホルモンとも呼ばれ、排卵の準備を行うホルモン)などの女性ホルモンによって成長期を維持してきた頭髪が、出産後に活動休止になってしまうためにに出産後に抜け毛が多くなっていき、薄毛なってしまいます

しかし、これは一時的なもので自然にホルモンバランスは戻って
抜け毛もなくなりますのであまり深刻に悩む必要はないでしょう。

抜け毛予防シャンプ−

薬用シャンプースカルプDの女性用で
「ヘアメディカル薬用スカルプDレディースシャンプー」
がおすすめです。
頭皮の環境を整えて、髪の生えやすい環境を作ることがまず第一であり、シャンプーの配合成分のホップエキス、イラクサエキス、
クマザサエキス、サクラ葉抽出液などが効果を発揮します。















posted by こうじ at 00:01| Comment(0) | 女性抜け毛 予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。